東京,JAPAN day2

スカイツリーは、現代のバベルだと聞いたことがあるが、正しくその通りだと思う。川越しに見るそれはあまりに大きく、思わず目をこすってしまうほど。
 
f:id:heaco65:20150406103112j:plain
 
今朝はぐっすり眠れ、気持ちよく目を覚ました。オシャレなゲストハウス nuiを出ると、嬉しいほどの快晴。軽い足取りで地下鉄の駅へ向かう。
 
f:id:heaco65:20150414104030j:plain
 
まずは神保町へ向かい、古本探索。あまりに本が多いので、自粛自粛と言い聞かせながらも、音楽系の古本が充実してる古本屋で、私が生まれた年月の宝島を発見!原発特集というまた興味深いものだったので、思わず購入!
 
そのあと、私が愛してやまないおぎやはぎのめがねびいき(TBS JUNK)で、絶賛されていた”ボンディ”というカレー屋へ。ビルの裏に入り口がありわかりづらいので要注意。昭和の懐かしい雰囲気の内装で、中には父親くらいの年齢の人がズラリとならんでカレーを食べている。ああ、もう美味しそう。無類のチキン好きなのでチキンカレーをオーダー。
 
f:id:heaco65:20150406103048j:plain
 
まずはじめにバターのかかった蒸かしたジャガイモが出された。何だろうと思いながらも美味しくいただいていると、間も無くライスとカレーが!あらかじめライスにはこんもりチーズがかかっている。カレーのお皿からは溢れんばかりの巨大チキンがゴロゴロ!驚きの連続のまま、一口食べる。うん!とてもまろやかかつ濃厚で美味しい!チーズライスととても相性が良く、気がついたらペロリと完食していた。お御馳走様でした。
 
またもや早食いが炸裂してしまい、まだ12時過ぎ。次の予定まで少し時間が空いてしまったので、足を伸ばして神楽坂まで。
 
f:id:heaco65:20150409182426j:plain
 
オタクにはわかるこの場所…。笑 王様のブランチで、shineeという韓国のアイドルが行っていたおしゃれスムージー屋さんAOYA。めちゃくちゃ美味しかったです。パックなのが持ち歩けて嬉しい。神楽坂は初めて足を踏み入れたけど、歩けば美味しそうなお店がゴロゴロしててよだれが垂れそうだった。夜は高そうだから、ランチにやってきたい。
 
そして原宿へ。ずーっとずーっと欲しかったアレキサンダーワンの長財布をゲット。長年お仕事頑張った自分へのご褒美として手が震えながら購入。長く大事にしたい。
 
表参道をぶらぶらした後、ラフォーレの”RUDE BOY展”へ。
f:id:heaco65:20150414104055j:plain
f:id:heaco65:20150414104123j:plain
f:id:heaco65:20150414104147j:plain
UKのトラディショナルなスーツを、抜群のセンスで着崩したり重ね着したり、唯一無二の形に変形させる人々をRUDE BOYと言うらしい。タケオキクチの2015AWのテーマがまさにRUDEBOYだったので、ラフォーレとタイアップして展示が行われたとのこと。めちゃめちゃカッコよかった。展示の仕方も創意工夫が散りばめられていて、とってもクールだった。
 
f:id:heaco65:20150419213142j:plain
入り口にはRUDEBOYのテキストを使ったミニも。これはハセガワシンペイさんのツイッター(@shinpe_pp)でお見かけしてたのでビックリした。(おそらく)同郷の世界に羽ばたくデザイナーさんなので、陰ながらめちゃめちゃ応援してます。
 
そのあと、ぶらぶらと歩きながら恵比寿へ。お遍路ではど田舎のめちゃめちゃな距離を歩いたので、景色がコロコロかわる都心なんて、数駅分などへっちゃらになった。その後、大学の友達と合流してサムギョプサルのとんちゃんへ。
 
ガッチリとしたお兄さんがテキパキとサムギョプサルの準備をしてくれている中、久々の友人とこの会わない間何があったかまくしたてるように喋った。豚肉は油を落とせばさっぱりしていてとても美味しい。たくさんの付け合せとお肉で、ビールの進むこと!
 
やはり、わたしは人と食べるご飯は美味しいなあと実感していた。友達は社会人入学してきた、ひと回り上のお姉さんなのだけど、彼女は私にいろんな大人な景色を見せてくれたし、経験もさせてもらった。とっても頭の回転が速くてクールな彼女と話をしていると刺激になる部分が多い。できればずっと仲良くしてもらいたい友人の一人だ。
 
お腹いっぱいのまま、夜行バスに乗り込んだ。まさかの普通バス(普通夜行バスは二階建てのガッチリしたシートが多い)でとてもげんなりしてしまったが、買い物をたくさんしてホクホクの女子高生が車内にいっぱいいてとても可愛かったので、思わず笑みがこぼれてしまった。興奮冷めやらぬ彼女たちのヒソヒソ声をBGMに、ゆっくりと遠ざかる東京タワーを横目で眺めていた。とてもいい旅だった。